中学英語のもう一度勉強

be動詞の過去形の文の作り方【中学英語やり直し 中1】

まず初めに
学生時代めちゃくちゃ英語が苦手だった私が中学英語を一からやり直すというブログとなります。

勉強と復習を兼ねて書いていこうかと思います!

まずは本題の前に前回のちょいミニテストの答え合わせ

一般動詞の過去形(疑問文・否定文)の文の作り方【中学英語やり直し 中1】 まず初めに 学生時代めちゃくちゃ英語が苦手だった私が中学英語を一からやり直すというブログとなります。 当時は文法をまった...

私は今朝、6時に起きました。(get up)
I got up at six this morning.
※先に時間そして今朝の順番。範囲が狭い順から書くとのこと。

あなたはランチに何を食べましたか。(eat or have)
What did you eat for lunch?
※eatの代わりにhaveでもいい。

彼らは先週引っ越しました。(move)
they moved last week.

誰がこの絵を描きましたか?
Who drew this picture.

今回はbe動詞の過去形について。

まずbe動詞とは

be動詞とは状態、存在、場所を表すもの。

主語 + be動詞 + 〇〇

=(イコール)で結ぶ役割となります。

例えば

I am Mina.
私はミナです。( I私 = Minaミナ )

下記は場所を表してます。

My mother is in the kitchen.
母はキッチンにいます。

など。

be動詞の過去形は?

be動詞を過去形にすればいいだけ。

am、is → was
are → were

これだけ。簡単じゃん。

現在形 It is sunny.  晴れてます
過去形 It was sunny yesterday. 昨日は晴れでした。

現在形 Your books are on the desk. あなたの本は机の上にあります
過去形 Your books were on the desk. あなたの本は机の上にありました。

booksが複数形だからareだね。

疑問文の作り方

be動詞を一番前に持ってくる。
肯定文の主語とbe動詞を入れ替えればいいんですね。

Was the question difficult?
その問題は難しかったですか?

答えかた
Yes it was /No it wasn’t.

ちなみに肯定文は
The question was diffclut.

疑問詞の疑問文

疑問詞を一番前に置く。

Who was in the room.
誰がその部屋にいましたか?

Where ware they at that time?
彼らはそのときどこにいまいしたか。

否定文の作り方

be動詞was、wereの後に「not」をつける。
短縮系はwasn’t 、weren’t

He was not sad.
彼は悲しくなかった。

They weren’t kind to us.
彼らは私たちに親切ではなかった。

過去形のbe動詞は現在形をやればさほど難しくないですね。
とりあえず中1の文法は今回で終わり。

次回は中2の文法をやろうかと思います!