ライフスタイル

アラフォーの私が矯正をやろうと思った理由

以前コンプレックスの話しで出っ歯について書きました。

読むのが面倒という方簡単に説明すると

出っ歯で顎が小さいことがコンプレックスで昔から見た目に自信もなく写真がとにかく嫌いだったって言う話です。はい。

今回はその続き

ついに矯正をやることに決めましてその理由について書いていこうかと思います。

きっかけは歯医者さんに勧められて。
新しく歯科を変えたこともあり、初診はレントゲン撮ったり歯の全体について説明をされ、そのときに言われました。

歯医者:
「うーん、今まで矯正勧めたれたことなかった?」と、少し困惑気味に・・

前に行ってた歯科はその場の処置という感じで、歯の治療のみであまり細かい説明もありませんでした。。(もしかすると矯正はお金がかかるから敢えて言わなかったのかな。。)

今まで矯正なんて考えたこともなかったし、そもそも噛み合わせなんて良いも悪いも生まれてこの歯と顎なので当たり前だと思ってました。
もうこの口元はしょうがないんだ・・・そういう顔で生まれてきたんだし・・・ありのままの自分で生きていこう!

 

と、思いつつもやっぱり有名人や友達の綺麗な歯並び見て
やっぱり羨ましいと思う自分がいるんですよね・・仕方ないとわかりつつも・・・

話が逸れてしまいました・・

ただ歯医者さんは見た目というより、噛み合わせを治すことを重要視していて(まあ、そうだよな)
早いうちに始めた方がいいよ、とのこと。

考えてみると本当に食べ物によって食べづらいものがあるなと感じます。
あれは噛み合わせだったのか・・(気づくの遅っ)

 

噛み合わせが悪いと食事しづらい

  • 前歯で噛み切れない
  • 顎が小さいので口が大きく開かない
  • 口周りが汚れやすい

まず、食べづらい食べ物代表が色々挟まっているサンドイッチやハンバーガー
噛み合わせがよかったら前歯でカブリといけるものが、いけないわけです。
前歯が出ているということは下の歯とズレていて接触しないということになります。
しかし私の場合は上下が合わないため挟まってる食材によりますがレタス(レタスはパリパリはOK、しなしなは無理)の繊維やトマトのスライスの皮とか噛み切れない・・・噛み切れず大きいまま口の中に入ってきたり。残りパンだけやん、なんてことも。(特に作り置きのサンドイッチがそうですね。)

綺麗に噛み切れない分、パンの断面も美しくない。
あと顎が小さく口も大きく開かないこともあり口の周りが汚れやすい。マヨネーズやソース系ですね。(子供か)

そうなるとめちゃめちゃ小さく切ったりして口に入れなきゃいけないので煩わしい!
なのでお高いハンバーガーとか食べれません。というか、あれ色々挟まりすぎててどうやって食べるん!?というレベル。

これが当たり前だったんだよなーー

歯医者さんが矯正を勧める理由

あくまで私の場合です。

歯医者さん:
「矯正をしないと歯の寿命が短くなるよ」(言い方がカジュアル)

と歯医者さんに言われました。ひぃっ

なぜこんなことを言われたのかというと
私は右側で噛むことが多く、歯医者さん曰く左右バランスよく噛まないと右側がすり減ってしまうとのこと。

ちなみに左側は噛めるのですが過去に治療したこともあり噛みづらく自然と右で噛むのが当たり前になってたんですよね。
しかも上の奥歯は一本抜かないといけないらしい。

また調べてみると、どうやら片側で噛むことを
「偏咀嚼」と言うようで歯そのもの以外の影響もあるようです。

・ほうれい線や口角の上がり方が左右対象じゃない
・顎関節症の原因になる可能性も
・首や肩、腰のコリがでる

待ってくれ。
ほぼ当てはまるんだが・・・

肩や首のコリはデスクワークの影響もあるから一概に偏咀嚼だけとは言い切れないが

口角の上がりは確かに左右対称じゃないです。顎関節症もたまに口開けたとき顎がカクっていうときあるし・・・

つまりこれだけの要因があるので矯正は避けられないですね。

ああ、歯が丈夫で美しい人が羨ましい!!

まさかこの歳で矯正をやることになるとは。
お財布は大打撃ですが、やっぱり将来の歯のことを考えると、やっぱりここはやらざるを得ないな、と思いまして
そして何より思いっきり笑いたいなと思いました。

次回は矯正をやる前について書いていこうかと思います!

では、また!